Apple Musicを実際に使ってみて感じたメリットとデメリット



Apple Musicを実際に使ってみて感じたメリットとデメリットをまとめて教えます。

Appleのサブスクを使ったことない、Apple MusicとiTunesの違いがよくわからない、自分の好みに合ったパーソナライズされたプレイリストを聞かせて欲しいという人におすすめの内容です。


Ads
Beats Studio3 Wireless ノイズキャンセリングヘッドホン Apple W1ヘッドフォンチップ



Apple Music基本情報



Apple Musicとは、配信されている1億曲の音楽が聴き放題になる有料サブスクリプションサービスです。月額料金を支払うことで好きな音楽を好きなだけダウンロードして、オフラインで再生できます。

ちなみにiTunesとは曲やアルバムごとに購入して所有できるのが特徴。購入しなくても配信されるすべての曲が聴き放題になるApple Musicの方が得ですよね。

そんなApple Musicの基本情報を表にしました ※2022年12月時点


Apple Music
月額料金¥1,080(個人)
料金プラン4種類
最低月額料金¥480/月
無料トライアル1ヵ月
曲数1億曲
対応OSiOS/Android
オフライン再生対応
空間オーディオ対応
広告の有無なし
対応デバイスApple製品
Androidフォン
WindowsPC
PS5/Xbox
Amazon Echo
Google Nest

※すべての対応デバイスは公式サイトから確認できます



Apple Music料金表


Apple Musicの料金プランは全4種類あります。筆者は個人版を利用中。

via/official website


2021年11月にはApple Music Voiceが追加され、これが最も安い料金プランとなります。

Apple Music Voice は、Siri で音楽を再生する専用プランです。どんな曲が聴きたいのか頼めば、Siri が再生してくれます。また、Apple Music App では、自分の好みに合わせた選曲でおすすめしてもらえるほか、Siri で音楽を再生してもらう方法も学べます。_Apple公式サイト


Voiceは月額料金が安いのが魅力ですが、Apple製品以外のデバイスでは利用できないのでAppleユーザーのためのプランと言えます。


公式サイト:Apple Music料金プラン


Apple Music

Apple Music

Apple無料posted withアプリーチ





Apple Musicのメリット



✔ 新しい曲に出会える

✔ UIがわかりやすい

✔ 機能が豊富

✔ 時事にマッチした曲を提案

✔ サントラを多く配信

✔ 歌手への還元率が高い


ざっとこんな感じです。Apple Musicのメリットをそれぞれ解説していきます。



新しい曲に出会える


Apple Musicの「今すぐ聴く」では、自分が今まで聞いた視聴傾向をベースに自分の好みに合ったプレイリストやアルバムを提案してくれるので、効率よく新しい曲に出会えます。

「今すぐ聴く」の項目にある「年別トップソング」では自分がその年に1番よく聞いた曲がリストになっているので、当時を振り返ることができたりと、自分専用の年別プレイリストが自動で作られるところも他にはない魅力です。



UIがわかりやすい




ユーザーインタフェース(UI)とはアプリ内のデザインを示します。Apple MusicのUIはシンプルでどこに何があるかすぐわかるので、とても操作がしやすいです。

他社のアプリを使ってみると、ごちゃごちゃしていてお気に入りに登録したプレイリストさえどこにあるかわからないようなダメなデザインになってたるするので、Apple Musicの無駄のないデザインはストレスフリーで良いです。



機能が豊富


家でも映画館の音響にできるドルビーアトモス


Apple Musicには独自の機能が多く搭載されています。主にSharePlay、ドルビーアトモス、ロスレスオーディオに対応しています。

SharePlayとは、リアルタイムで音楽を複数人と同時視聴できる機能です。FaceTimeを起動することで使えます。音楽だけじゃなく映画などにも対応している機能。

ドルビーアトモスとは、映画館などの劇場で採用される立体音響技術です。空間オーディオと言った方がわかりやすいかもしれません。リアルで重みがある臨場感あふれたサウンド体験を味わえます。iPhoneからは設定→ミュージックにて設定可能。


ロスレスオーディオとは、データを圧縮することによる音質の劣化をさせずにスタジオで録音された音質とほぼ変わらないクオリティーで音楽を聴ける優れた機能。

今までの音楽配信アプリは、スマホで楽しむ事を考慮してデータを圧縮することで通信量を抑えていましたが、Appleが独自に開発したテクノロジーによりオリジナルの高音質をキープしたまま音楽を楽しめるようになりました。



時事にマッチした曲を提案




世の中のトレンドにマッチした曲やアルバムを提案してくる機能が、わざわざ検索して調べなくて済むので便利です。ワールドカップの開催時期にはサッカーに関連した曲を出してくれます。



サントラを多く配信




原神やファイナルファンタジーなどゲームの公式サウンドトラックが充実しているので、ゲーム音楽好きには特におすすめです。もちろんゲームだけじゃなく、映画やアニメ作品のサントラも多く配信されています。



歌手への還元率が高い


Apple Musicは1再生につき0.01ドルアーティスへ支払っています。この金額はSpotifyの2倍以上と言われています。

色んな音楽配信アプリがありますが、Apple Musicで聴いた方が好きなアーティストをサポートすることが出来るというのはファンとしては選ぶ決め手になります。

参考リンク:
Apple Music Pays Artists More Than Double Spotify’s Payout


Apple Music

Apple Music

Apple無料posted withアプリーチ




Apple Musicのデメリット



Apple Musicのデメリットというより改善してほしいところを挙げます。



アーティストをフォローできない


Apple Musicではアーティストをフォローすることが出来ないので、好きなアーティストの新曲が出たときに気づきにくいというちょっとしたデメリットがあります。

好きなアーティストのアルバムをお気に入りに登録したり、ライブラリに追加しておけば、新曲がリリースされたときにサジェストされやすくなります。



邦楽ラジオが少ない


星野源のラジオが人気


Apple Musicは洋楽ラジオは多々ありますが、邦楽ラジオがまだまだ少ないです。邦楽ラジオをメインに楽しみたい人には今のところ向かないです。




Apple Music|6か月無料体験




Apple Musicは対象のデバイスを持っている人には6ヵ月無料で利用できる特典が付いてきます。iPhone, AirPods, HomePod, Beatsなどを使っている人は要チェック。

筆者はiPhoneユーザーなのでこのキャンペーンをきっかけにApple Musicにハマりました。対象デバイスや6ヵ月無料体験の詳細は以下の参考リンクに記載されています。


参考リンク:Apple Musicを6か月無料で体験しよう。


Apple Music

Apple Music

Apple無料posted withアプリーチ




原神のオリジナルサウンドトラック(ゲーム音楽)を新作順に紹介

原神のオリジナルサウンドトラック(ゲーム音楽)を新作順に紹介

原神のサウンドトラックはとてもクオリティーが高く、心が癒されます。今回は、原神の音楽スタジオHOYO-MiXが制作した公式サウンドトラックを新作順に紹介します。 原神のゲーム音楽が好きな人、原神のサントラが欲しい人におすすめの内容です。



Sponsored Links

Try Apple Music
Natchan

ゲーム好きなグラフィックデザイナー。PCゲームもスマホゲームもやります。YouTubeでグラフィックデザインを教えていますが、ブログではデザインだけじゃなくゲームやガジェットについても発信します。

コメントを投稿