PayPalとSquareの機能を比較〈どっちが使いやすい?〉



決済サービス大手のPayPalとSquare、クリエイターや個人事業主が収益化するのにどちらが使いやすく長く利用できるのかを比較しました。

手数料が低い決済サービスを使いたい、商品をWebで販売するのに使いやすい決済サービスが知りたいという人におすすめの内容です。


Ads
弱者でも勝てるモノの売り方 お金をかけずに売上を上げるマーケティング入門|Amazon



PayPalとSquareの基本情報



まずは、PayPalとSquareの基本情報についてです。どちらも世界的な大企業なので国内外で多くのユーザーを持っています。Squareの方が新しい企業なので、国内の知名度はまだあまり高くない印象です。


PayPal(ペイパル)




PayPalはシンガポールを拠点とするグローバル企業です。SteamやQoo10など海外オンラインストアに幅広く対応していることで有名です。


PayPal公式サイト



Square(スクエア)




Squareはカリフォルニア州に本社があるアメリカの企業です。オンラインでの決済に加えて専用端末による対面決済に対応するので、店舗で主に使われています。


Square公式サイト




PayPalとSquareを比較



PayPalとSquareの特徴を比較した表です。どちらも初期費用と月額利用料は無料なので割愛しています。


PayPalSquare
決済手数料3.6%+40円3.75%
振込手数料250円無料
決済方法クレカ・銀行クレカ・電子マネー
決済リンクhtmlコードURL
サブスク導入対応対応
振込サイクル最短3日最短1日
Web請求書対応対応
ECサイト開設非対応対応
複数アカウント非対応対応
対面決済非対応対応


※Squareのサブスクリプション機能は決済手数料3.6%

※電子マネーは対面決済時のみ利用可能

※PayPalの振込手数料は5万円以上だと無料




PayPalとSquareの主な違い



PayPalSquareの主な違いをまとめます。


手数料の割合


決済手数料はSquareの方が得です。1000円の商品が1つ売れた場合の決済手数料を計算してみました。




Squareの手数料はPayPalの約半分で済むのでかなり得だと言えます。

また、Squareは振込手数料が0円であることも強いですね。振込手数料が200円台でも10回申請したら2500円と結構な額になるからです。



決済方法の豊富さ


決済方法は豊富な方が購入のハードルを下げるので有利です。その点、PayPalはカード決済だけではなく銀行振込にも対応しているのがポイント高いです。

Squareは銀行振込には非対応でカード決済がメインですが、対面決済の場合はPayPayといった電子マネーに対応しています。



導入のしやすさ


導入のしやすさについてはどちらも審査が早くてスムーズに始められますが、決済リンクを貼るのが簡単なのはSquareです。

決済リンクの種類についてPayPalはhtmlコードで貼るのに対し、SquareはURLで貼れるので簡単だからです。URLであればメールやダイレクトメッセージで送れるのが便利です。




結論|Squareの方が得



以上、PayPalとSquareを比較してきましたが手数料の低さに加えて機能の多さを見るとSquareを使った方が得であることがわかりました。

結局は、手数料が低くないと長く使えないので手数料が低いメリットを最も重視して結論を出しました。




今後、Squareの知名度はもっと上がると思います。実際に利用して分かったメリットとデメリットは以下の記事で詳しく解説しているので興味があれば読んでみてください。


🔗手数料安すぎ!Square(スクエア)のメリットとデメリット



Sponsored Links


Natchan(運営者)

ゲームが好きなグラフィックデザイナー。PCゲームもスマホゲームもやります。YouTubeでグラフィックデザインを教えていますが、当サイトではデザインだけじゃなくゲーム・ガジェット・エンタメについても発信していきます。

コメントを投稿