ゲームで稼ぐ方法&ゲーマー向けの副業を紹介〈実況以外で収益化〉



大好きなゲームで稼ぐ方法およびゲーマー向けの副業を教えます。YouTubeやTwitch以外で収益化したい、esportsのプロじゃなくても気軽に始められる稼ぎ方が知りたい、ゲームに関連した副業を始めたいという人におすすめの内容です。始めやすさ重視です!


Ads
CYBER-GROUND ゲーミングデスク 110cm ローデスク パソコンデスク 高さ調節3段階 ヘッドホンフック|Amazon



ゲームで稼ぐ4つの方法



今回紹介するゲームで稼ぐ方法は下記の通りです。


✔ 独自の配信サイトを運営

✔ ゲームブログを収益化

✔ 配信用動画素材を制作

✔ ゲームマッチングを利用


ゲーマーであればどれも比較的始めやすい方法ではありますが、日々コツコツ継続することで長期的に収益化していくのに適した稼ぎ方なので、短期間で大きくマネタイズできるものではないです。


それでは1つ1つ解説していきます。




1.独自の配信サイトを運営




YouTubeやTwitchは競争が激しいからしんどいというゲーマーにはLITEVIEWがおすすめです。

LITEVIEW(ライトビュー)とは動画投稿やライブ配信はもちろん、音声配信やグッズ販売まで出来る配信者向けのプラットフォームです。2022年にリリースされたばかりのサービスなのでまだまだ知名度は高くないですが、お金をかけずにお洒落なメディアを運営出来るのでユーザーが徐々に増えてきています。



| LITEVIEWの特徴


● 初期費用+月額料金ゼロ

● 未経験でもアプリが作れる

● サブスクビジネス対応

● ドラッグ&ドロップで制作



LITEVIEWの主な強みは手数料なしでオリジナルサイトやアプリを運営できることと、とにかく多機能であることの2つですね。

そして、1番のメリットはYouTubeやTwitchは突然アカウントをBANされるリスクがありますが、LITEVIEWで作った動画サイトは自身が管理するので誰にも規制されずに自由に運営できる点です。

初期費用・月額料金・販売手数料なしで収益化させてもらえるプラットフォームは現状ほとんどないので、その面LITEVIEWは貴重な場です。かかるのは決済手数料のみ。


また、他社の同様のサービスにはない機能が多々あります。例えばアプリ制作、サブスクリプション、掲示板などのコミュニティ運営など。サブスク機能を活用すれば、有料会員限定で動画を公開したりできるのでYouTubeメンバーシップと似たようなことが自分のサイトで出来ちゃいます。


サイトの作り方が全く分からないという人でもドラッグ&ドロップで簡単に見栄えの良いデザインが作れる仕様なのでノンデザイナーでも問題ないです。

すでにYouTubeなどで配信している人でも保険として自分が主権をもつメディアを1つは持っておくと何かあったときに安心なのでおすすめします。投稿者に非がなくても誤BANされることもあるので..


公式サイト:LITEVIEW




2.ゲームブログを収益化




ゲームで稼ぐと言ったら、やはり始めやすいのはゲームブログの運営です。よく「ゲームブログは儲からない」と言われますが、Switch本体買える位の月収であれば目指せます。大きく稼ぐのは難しいです。

現に当サイトはもともとグラフィックデザインに特化したブログでしたがゲームジャンルを扱うようになってから収益が2倍近く上がりました。

それくらいゲームは需要が高いので、好きなゲームの攻略やレビュー記事を書ける人にはゲームブログの運営をおすすめします。ゲームブログを開設すべて重要なポイントがあるので教えます。



| ゲームブログ開設の重要ポイント


✔ 無料ブログを選ぶ

✔ ゲーム案件が多いASPを選ぶ

✔ 必ず独自ドメインを取得する


先日した通り、ゲームブログは大きく収益化できないので初期費用と運営コストをかけずにブログを開設する必要があります。なので無料ブログで人気のBlogger、FC2がおすすめです。Wordpressは地雷です!

Bloggerはカスタマイズが少し大変ですが、FC2はThe other way roundにある無料テンプレートを利用すればいい感じのサイトデザインに仕上がるのでおすすめです。


そして、ゲーム案件を多く取り扱うASPを選ぶことが収益性の高い記事を書く上でなにより重要です。ASPとは企業の広告を掲載することで報酬がもらえるサービスで、いわゆるアフィリエイトです。


📌ゲーム案件取り扱いのASP
 

各ASPの主な特徴はafbがPCゲーム案件、ZucksAffiliateがゲームアプリ案件、バリューコマースはゲーム自体の案件はありませんがスクウェア・エニックスなどの大手ゲーム会社と提携できます。個人的には実際に利用してみて、比較的審査が通りやすく成果承認率が高いことを実感しているのでバリューコマースを最もおすすめします。


また、独自ドメインの取得はブログを運営する上でマストとなります。無料で設定できるURLをサブドメインと言いますが、サブドメインだとどんなに良い記事を書いても検索順位が上げられず、競合に負けてしまうからです。おすすめのドメイン会社はXserverドメインです。

Xserverドメインは管理画面が使いやすく、営業メールが来ないので1番快適に利用できています。


公式サイト:Xserverドメイン




3.配信用動画素材を制作



ゲームで直接稼ぐというやり方ではないですが、ゲームに関連した稼ぎ方で有効なのが配信用素材の制作です。制作と言ってもたいしたことではないのでデザイナーじゃなくても誰でも出来ます。

実例を見せると、スプラトゥーン3の配信向け素材をイラストACにて無料で配布したときのことです。以下の記事です↓



すべてPhotoshopで1枚10分程度かけて制作しました。2色のスプレーペイント系ブラシを余白を意識しながらポンポンのせただけなので本当に誰でも作れちゃいます。素材は全部で約2,000ダウンロードされたので、ざっと見積もって1記事で約9,000円の収益になりました。

アドセンスとかの収益も含めたら実際もっと多いです。ちなみにイラストACの報酬は1DL=4.36円です。


私はまだまだ未熟なので凝ったデザインは作れませんが、配信用素材を作るデザイナーとして有名なのが素材屋あいりすさんです。ツイッターを見てもわかる通り、すごく素敵なデザインを配布している方です。




フォロワー数が多いのも納得です。この方が使っているグラフィックソフトは多分Illustratorです。Photoshopの扱いに慣れてきたら、Illustratorでグラフィックデザインを制作する流れがおすすめです。ゲームに関わらず、動画を投稿する人が年々増えてきているので動画向け素材は需要が高いです。


配信用素材を配布することで、私のようにさほど時間と労力をかけずに収益化できるのでPhotoshopやIllustratorに興味がある人はぜひ実践してみてください。


公式サイト:フォトプラン, Illustrator




4.ゲームマッチングを利用




他人とゲームすることでお金を稼ぎたいという人には、ゲームフレンドマッチングサービスGameRoomがおすすめです。GameRoomはユーザーに自分とゲームする時間を購入してもらうことで収益化できるシステム。

遊びたいゲームや日程を購入者とチャットでやり取りして決められるのでオンラインで完結するビジネスです。APEX,Valorantといったマルチプレイで遊べるゲームに対応する出品者が多い印象。




出品者を見ると女性が多いですが、男性でも出品できます。むしろ男性の出品者が少ないので穴場ですね。女性の出品者は競争率が高いので、他のゲーマーがやらないゲームに対応するなどして差別化しないとダメです。

GameRoomは他人とゲームしながら稼ぎたいというゲーマーに最適なプラットフォームなので、ある程度コミュ力がある人には特におすすめします。


公式サイト:GameRoom




最後に|実際に行動する人は少ない



以上、ゲームで稼ぐ方法およびゲーマー向けの副業を紹介しました。

今回は4つの方法を紹介しましたが、実際に行動できる人というのは限られています。何事も実際に始めてみないと上手くいくかわからないので、この記事がゲームで稼ぐ初めの1歩を踏み出すきっかけになれば嬉しいです。


最後までお読みいただきありがとうございました。


Natchan

ゲームが好きなグラフィックデザイナー。複数のサイトを運営中。子どもの頃からPCゲームで遊んでました。1番最初に遊んだのはSecond Life。デザインとは飽きない程度に関わっていくつもり。詳しくはこちら

コメントを投稿