Latest Posts

ブログのテーマに合ったメインカラーを決めるときのポイント[実例あり]

By 11/16/2018 ,


初めて本格的なブログを作るとき、ブログのメインカラーが決まらないという方多いのではないでしょうか。

私が実際にウェブ関連のお仕事で受注したときに「ブログのメインカラーの決め方を教えてほしい」と頼まれることが多かったので、今回はサイトのテーマに合ったメインカラーの決め方を教えます


ブログのメインカラーはテーマに合わせる


「自分のブログなんだから自分の好きな色で!」と思われるかもしれませんが、日記ブログではなく、ちゃんと独自の記事でブログ運営をするのであればブログのカテゴリーや趣旨にマッチした色を選ぶ方が戦略的で賢いですし、ブランディングもしやすくなるのでメリットが多いです

それでは、具体的にブログのジャンルごとに合う色味を実際のサイトを参考にしながら見ていきたいと思います

エンタメ系 ― オレンジ


世界的に名が知れた過激なニュースサイトのBUZZFEED。攻撃的かつユニークなコンテンツがサイトのメインカラーである赤と合っています


新R25も若者をターゲットにした有名なメディアで、バズフィードをインタビュー形式にしたようなサイトです。エンタメ要素が強い記事ばかりなので、活力が湧くような赤のメインカラーにぴったりのメディアです

語学/学習系 ― グリーン


WEBエンジニアのためのメディアQiitaでは、サイト制作やコーディングについての勉強になる記事が多いです。勉強目的のブログはグリーンや青などのコールドカラーがオススメです。ノウハウ系のブログだとグリーンより青の方が多く見られる印象です


TOEICや英検などの英語の資格をとるのに役立つサイトのCotton Languageも深みのあるモスグリーンで、どことなく目にやさしいカラーデザインになっています。ちなみに運営者様のご依頼でロゴの制作を私がさせていただきました。詳細はこちら

子育て/キャリアウーマン系 ― ピンク


仕事も家庭も充実・成功させたい女性のためのメディアのRich Habitsはタイトルのイメージに合わせて高級感のある紫がメインカラー。紫をチョイスするときは明るい紫だと軽い印象になるので注意が必要です。ちなみにこちらのサイトはタイトル決定からサイトデザインまでトータルでサポートさせていただきました


子育てや家事などのライフハックがつまった個人ブログ「みそちゃんの豆知識」。サイトを一瞬見ただけで主婦やママさんのためのブログだと明確に伝わりますよね。このように女性をターゲットにしたサイトのメインカラーは紫やピンクが相性良いです

お金・副業系 ― 水色


お金にかかわるメディアの場合、信頼感や信憑性をもたせるためにマネープラスのような青や紺が効果的です。特に個人が運営する副業やアフィリエイトなどのブログはうさんくさくなりがちなので青だと安心感が与えられます


こちらは公務員のための副業サイト「元公務員による 公務員のための 安心副業ブログ」。個人サイトでもここまで信頼感あるサイトに仕上がったのは、さわやかな水色がサイトイメージに上手く当てはまっているからと言えます。もしメインカラーが黒だったら一気に怪しい雰囲気になってしまうリスクがあります

Sponsor


どうしても決まらないときは黒と白


黒と白のシンプルなカラーデザインはミニマリストやデザイン系のブログに多いイメージですが、ブログのジャンルが特殊な場合や、政治や社会についてのオピニオン系ブログ、とにかくシンプルにしたいときは黒と白のみでキメるのがいいかと思います


デザイン系のブログは黒に明るめのサブカラーを加えると、ママデザのようにスタイリッシュに仕上がります。このサイトの場合、女性ターゲットのメディアではあるものの、デザイン要素が強いためピンク系ではなく黒がベストです。黒はオールマイティなので迷ったら黒にしてみるのが無難です


カラーデザインをすべておまかせしたい方


テンプレートのカラー設定が豊富で色の組み合わせがわからない方、テーマに合う色選びがめんどうという方は筆者の私が出品するカラーデザインサービスをチェックしてみてください↓



Sponsor




You Might Also Like

0 コメント