Fallout76をプレイしたレビュー〈荒廃したアメリカに沼る〉



Fallout76(フォールアウト76)をプレイしたら面白すぎたので詳しくレビュー記事を書きました。Fallout76を遊んだ感想や評価が知りたい、ストーリーがしっかりあるマルチプレイで遊べるPCゲームを探している、オープンワールドで建築も出来るFPSがしたいという人におすすめの内容です。ネタバレなしです!

Image credit: official website
Thumbnail image is uploaded for product sales
デバイス:PC, PS4, Xbox One
発売日:2018年10月
開発:ベセスダ
サブスク:あり
特徴:マルチプレイ
視点:1人称・3人称
攻略サイト:ぬかきゃん


『Fallout76』のことは実際に始めるまでロゴしか見たことなかったのですが、日本でもプレイしている人が結構多いようです。その証拠に攻略サイトの最大手ぬかきゃんは毎月75万PV越えと、かなりアクセスされています。わからないときはぬかきゃんを見れば大体解決します。

このゲームを始めたきっかけは、たまたまキャンペーンでサブスク「Fallout 1st」が1カ月だけ無料で提供されていたからです。買い切りなので1度購入すればずっと遊べますが、サブスクに入ると他ユーザーがいない自分だけのワールドで遊べたりと色々な特典が付きます。



ただ、月額が1,500円と思ったより高かったのと現時点でサブスクの特典をあまり活かせないのでサブスクには入らずに遊んでいくつもりです。入らなくても何も困りません。視点については1人称と3人称をボタンで切り替え可能です。戦闘がしやすいのは1人称ですが、写真を撮るときは3人称がおすすめ。前置きが長くなりましたが、次で本題に入ります。




Fallout76の良いところ



✔ 広大なマップを探索できる

✔ 秘密基地を作れる

✔ ユーザーの民度が高い

✔ 作り込まれたメッセージ

✔ 強敵がゴロゴロいる


それでは、Fallout76の良い点をそれぞれ解説していきます。筆者は現在レベル25で、レアな武器や装備が少しずつ入手できてきたのでそこそこ強くなってきている段階です。ある程度ゲームのシステムや世界観がつかめてきたところ。※サクサクとレベル上げが出来るようなゲームではない



広大なマップを探索できる


最初に強く感じたことは、とにかくマップが広いです。以下はマップのスクショですが、ほんの一部を写しています。見てもわかる通り、ロケーションが無数にあります。


毎日開拓できる楽しさ


そして、同じ大陸にいてもエリアによって世界観や出てくる敵が変わるので探索のし甲斐があります。天気や季節によって街の雰囲気が変わるのも良いです。気に行った場所の色んな光景が楽しめるからです。


霧が濃い日は戦闘に不利


廃墟好きにはたまらん


舞台は核に汚染された、戦争中の荒廃したアメリカ。厳密にいうと内紛状態のアメリカといった感じですかね。攻撃を受けた後の街並みは哀愁ただよいます。廃虚が好きなので、純粋に探索が楽しいです。実世界でアメリカの廃虚を探検するなんてこと絶対できないのでゆっくりお散歩。※油断してると襲われます


大学寮の地下室


室内もそれなりに広さがある建物が多いので、1つの砦を制圧するのに45分程かかることもあります。隅々まで探索しないと見つけられない金庫や手紙などがあるからです。落ちているテープを聴いたり、遺骨の様子を見て「どんな人たちがどんな風に暮らしていたか」が想像できる楽しさがあります。



秘密基地を作れる


Fallout76の1番のメリットが秘密基地を作れることです。既存の建造物と重ならなければ好きな場所にキャンプをすることが出来るんです。このゲームではそれをc.a.m.pと呼びます。私のキャンプはまだまだ簡易的ですが、場所は割と気にっているのでお見せします。


焚火があると夜でも明るい


小さな山小屋


すぐ目の前に味方の基地


丘の上にキャンプを設置すると比較的穏やかに過ごせます。夕日が特にきれい。探索をたくさんするかつレベルを上げることで幅広い装飾品が作れるようになります。私はまだ山小屋程度ですが、砂漠エリアに大きな砦のようなキャンプを見たことがあります。セキュリティロボットが何体もいるうえインテリアも立派でした。


いつもギターを弾いてる彼女


ちなみに仲間をキャンプに滞在させることも可能です。まあ仲間と言ってもNPCですが。運よく森の中で出会ったギタリストの女性をキャンプに勧誘できました。キャンプ付近に敵が現れると応戦してくれて頼りになりますが、絶対に死なせたくないのでスカベンジャーが滞在する基地の目の前にキャンプを設置しました。


飲んだくれのスカベンジャー


まだフォールアウトの世界観を完全に把握しているわけではないのですが、スカベンジャーとは自警団のようなものだと思います。とにかく味方なので、敵が来たら助けてくれますし武装しているのでまあまあ強いNPCです。彼女の護衛として役に立ちます。



ユーザーの民度が高い


Fallout76がオンラインゲームとは知らず、始めのころは他ユーザーがいることに抵抗がありました。初日に敵が多いところにつっこんでしまって死にましたが、すぐに他ユーザーが蘇生してくれた上に薬や武器をたくさんプレゼントしてくれて感動。


一緒に行動したフレンド


ほぼ裸で闘う人を発見


それ以外にも、たまたま同じクエストをやっていた他ユーザーと行動を共にしたりと民度の高さに安心しました。身ぐるみはがされたような姿で闘う人など中にはヤバそうな人もいますが、FPSではめずらしく大半のユーザーは優しいので楽しめています。




作り込まれたメッセージ


活字ゲー最高!


重要なロケーションの所々で閲覧可能なコンピューターがあります。そこに書かれている、生前の人たちが残した生々しいメッセージややり取りを読んで「そこで何が行われていたのか」を悟ることができます。ナレーションや重要人物のセリフで説明しすぎることなく、状況やメールを能動的に探ることで物語を徐々につかめていくことが面白い。



強敵がゴロゴロいる


Fallout76は人気シリーズということもあり、敵がちゃんと強いので勝つと気持ちいいです。ドラゴンのようなモンスターやプテラノドンみたいな恐竜に似たクリーチャーなど様々な強い敵がいますが、身近で登場するのはミュータントという緑の巨体です。


ごついシュレック


体力があるかつ武装しているので結構強いです。3体一気に襲われると苦戦します。敵が強くなきゃ何にも面白くないので敵が強いのはありがたいですね。FPSなので当たり前かもしれませんが。ちなみにレイダーというギャングもいるので人間の敵ももちろんいます。




Fallout76の微妙なところ



✖ エイムが揺れる

✖ タレットが役立たず


Fallout76の微妙なところです。私のシューティングが下手なだけかもしれないので、あくまで個人の感想です。



エイムが揺れる


そこそこ色んなFPSをやってきましたが、Fallout76はエイムが揺れやすいので照準を合わせるのが難しいです。材料を集めれば命中率を上げるアップグレードができるのですが、アップグレードをしても揺れるのでクリティカルヒットが出にくいのが少し難点かなと。


不良にしか見えない


スナイパーライフルを何回か外すと敵に居場所がばれて目前まで迫ってくるので、そうなったら正面から槍かバットでぶん殴るスタイルが早いのでおすすめ。銃を持っているのに使わず、あえて原始的に木製バットを振り回す羽目になっているのがある意味面白いので自分は楽しめています。



タレットが役立たず


キャンプにはセキュリティ対策の一環でタレットという小型のマシンガンロボットを配置できます。私はキャンプに滞在する仲間を守らなきゃいけないので、小屋の周りにタレットを4体も置いているのですが、普通に敵のゾンビが壁をぶち破って侵入してきました。


おちおち寝てられん


タレットの攻撃が当たっていないのか威力が弱いのかはわかりませんが、ボロボロのマットレスで眠ってHPを回復しているときに突如襲撃されたので寝起きで倒すことに。丘の上までわざわざ登ってきたゾンビたち、これらはスコーチと呼びます。タレットはあまり当てにしないほうがいいかもしれません。




Fallout76の総合評価



総合評価:★★★★★


Fallout76の総合評価は5つ星です!悪いところを探すのが大変なくらい沼れる楽しいゲームです。SNSでは「バグが多い」といった声がありますが、オープンワールドで遊べる割には比較的少ない方だと思います。戦闘だけじゃなく秘密基地、開拓、宝探しなどハマれる要素が多いので、まだやっていない人はぜひこれを機会に始めてください。



残像を最大限減らす3つのゲーミングモニター(黒挿入併用可能)

残像を最大限減らす3つのゲーミングモニター(黒挿入併用可能)

残像を最大限減らすゲーミングモニターを3つ教えます。モーションブラーリダクション(黒挿入)とG-SYNC/FreeSync併用可能の優秀なゲーミングモニターで残像知らずの快適なFPSゲーム体験をしたい人向けに書きました。モニター選びで失敗したことがある人にもおすすめの内容です。


快適に過ごせる大きいサイズのゲーミングデスクをサイズ別に紹介

快適に過ごせる大きいサイズのゲーミングデスクをサイズ別に紹介

デスクが小さすぎて窮屈...。机選びに失敗してしまった人のために、快適にデスクワークが出来る机選びのコツと大きいサイズのおすすめゲーミングデスクをいくつか教えます。快適に広々とゲームしたいゲーマー、ゆったり仕事できる大きめの机が欲しいリモートワーカー向けに書きました。机選びの参考になれば嬉しいです


Nanoleafライトパネルを使ったゲーム部屋を一挙紹介

Nanoleafライトパネルを使ったゲーム部屋を一挙紹介

スマートな照明としてNanoleaf(ナノリーフ)ライトパネルが海外でとても人気です。ゲーム部屋と相性が良く、設置するだけですごくかっこいいインテリアになるのにあまり国内では知られていないので、Nanoleafライトパネルを使ったインテリアを集めました。モダンで近未来的な部屋にしたい、ネオンカラーの



Sponsored Links


Natchan(運営者)

ゲームが好きなグラフィックデザイナー。PCゲームもスマホゲームもやります。YouTubeでグラフィックデザインを教えていますが、当サイトではデザインだけじゃなくゲーム・ガジェット・エンタメについても発信していきます。

コメントを投稿